大型連休後半戦に突入ですね。

国道、車、車です。

天気も快晴 

安全運転で行ってらっしゃい。




今朝は、まだウネリが残って、波音が高い。

と、AM4:30過ぎに起床。

このところ中途半端な朝トレが続いてたので、

たっぷりしてから、さあ、出撃。

快晴なれど、サラシ十分。ヒラ日和です、…でした。

DSC02355 (640x480) 
DSC02354 (640x480)

だんだんとウネリも治まってきてました。

まだ、サラシは十分。

サラシの写真はわざとアップしてません。

釣れなかったからです。

どうも変と思いつつ、1時間ほどやって帰宅。



今年の春は雨が多かったので、まだ水温が低いのか、ヒラの活性が上がってないのか…

釣れない釣り師は哲学者」となって、いろいろ考えてました。

朝は、はっきりとわからなかったが、いやに海色が緑っぽいと思っていました。



帰宅後は、いつもの日課をして、天気が良いので、愛車ポルテを洗車。

DSC02356 (640x480)

緑がまぶしい季節、すっかり初夏の装いも整いつつあります。



と、ヒラが釣れないので、ブログネタ探してウロウロ。



ガーーーーーーン!

今朝、ヒラ日和なのになぜ釣れなかった原因が判明。

これです。

DSC02358 (640x480) 
DSC02357 (640x480) 

東部の海、自然破壊が今年も始まりました。

昨夜、リハビリ空手の練習に行く途中、国道の奈半利川橋のたもとに、ダムの放水を知らせる回転灯があり、

赤い回転灯が回ってました。

ヘンだなあ、このところの雨、確かに降り続いたけど、量は、多くなかったはずなのに、

と思いながら…。




このとおり、今朝の海、海岸線は、ババ濁り状態。

気温も上がってきて、海水温も上昇していたのに、

またまた、このダムの放水で、冷たい水が海へ、当然、水温は急激に低下。

もろにホームの磯はこの影響受けて、ヒラ、姿消します。

当の奈半利川の河口は、ババ濁りなれど、流されてきたベイトが少しでも水温の高く、

流れの緩やかなところにかたまるので、

そのポイントにはいれば爆釣するのが常。

周辺の磯は、まったく釣れないのに。




これではしばらくは、ヒラ、逢えませんね。

ならば奈半利川へ行けばいいんですが、

河口のテトラからの釣りになるので、危険?と背中合わせ。

また、釣れるポイントも限られるので、満席状態。

行きません。



しかし、私も含めて人間という動物、得手勝手ですね。

特にこの時期、川も海も新しい命が誕生した時期なのに、低水温でかつ濁り水を出すことは、

自然破壊の一因であるのに、お構いなし。

ダムは、エコではありません。

後世に大きなツケを残す自然破壊施設です。

まだまだ言い足りませんが、

止めます。

このブログをせっかく見に来てくれた方に愚痴ばかりで、

失礼ですので。



それでも、懲りない釣り人ですので、また今夜は予定もない(いつもですが…) ので、

ひょっとしたらと、夜に近くの河口にでも出かけてみますか。 (苦笑)



今日のコピーひとり言は、当然、

「始まった。始まった。自然破壊が。喜ぶのは利権にしが

みつく輩たち。県、町村、河川組合、漁業組合の中に良

心を持った人はいないのか!」


あまりの腹立ちさに説明なし。



BASSですね。しばらくは。

もちろん、暇な店番をしながら。

では、また明日。



明日も頑張ります。応援(ぽちっ)をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

こちらもよろしく。

日記・雑談 ブログランキングへ

よかったら、「拍手」にもぽちっをお願いしますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さわやかな海ーー
緑-ーー

って思ってたら、自然破壊の絵もあるわけですね。
自分だけでボケっと見てたら、気づかなかったかもです。
私も含め、一人ひとりが考えなきゃならないのですね…

jackiemaiさんへ

高知の豊饒な自然は、どこにも負けないぞー、
と、思ってます。
現実は、悲しいことですが…
生活優先とは言え、何とか共存はできないものかと、…

釣れないので八つ当たりみたいですが、
すぐ下が海なのに、貝取したり、小魚追いかけたりの、磯遊びは、
見かけなくなりましたね。
ただ、遠くから眺めるだけで。

釣人だから余計そう感じる?かも。(汗)

PAGETOP

まとめ