月並みだが、今日から7月・文月。


7月を「文月」というのはなぜ、とウイキペデアで調べてみたら、


「…旧暦7月を文月(ふみづき、ふづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いている。

文月の由来は、7月7日の
七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。

ところが、七夕の行事は奈良時代に
中国から伝わったもので、元々日本にはなかったもの。

そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。

また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。」とのこと。


はい、よくわかりました。


月は変わったが、未だこの梅雨は開けずで、…高知は今月の中旬以降に梅雨明けの年が多いもの。

で、新しい月、だからと少しは期待しているが、…

暇な士業の日が相変わらず続くか、

釣りの方もこれまた未だ納得のいく?釣果に出会えず、今月に期待はしているが…

とにかく月が変わったから、気を引き締めなおして、頑張らねば。



7月、最初の日の海と空。

DSC04217 (640x480)

少し波気がある。

…が、この時期になると、早朝とは言え、こちらではほとんど小磯ではヒラは釣れない。

大雨で増水した河口がメイン。

後は…夜間、沿岸の海水温の上昇に伴って、夕涼み?に河口周辺に寄ってくるのを待つのみ。

しかし、今年は、おんちゃんは不調の波の中から未だ抜け出せず、

期待していた5、6月に、納得のいく釣果がえられず、

…2071おんちゃんだからいつものことだが、

…BASSの方は、少雨傾向で例年並みの釣果を得たが、このところの大雨で、ダムは満水状態のようで、

そろそろオカッパリのベストシーズンは終了みたい。


昨夜も、小雨の降る中、近場の河口メインに修業に出かけたが、……

2071、2071、2071で、徒労で終わり。



と、釣りのことばかりが浮かんできて、…これではいかんと思いながらも、…


今のところ、月が新しくなっても、

「7月、文月、…士業戦線異常なし」となりそうだ。




ではまた明日。









応援(ぽちっ)をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

こちらも(ぽち)よろしく。

日記・雑談 ブログランキングへ




PAGETOP

まとめ