昨夜は、稽古の日。

指導されてる先輩が、こちら高知で開かれてるスポマスの大会役員で行ってるので、

昨夜も不在、私が指導役。

怖い?おんちゃんなので、スムーズに稽古終了。

こちらは、リハビリを兼ねて通っているので、

こういう時は、効果があまり期待できないと言えど、

まあ、汗をかくので血流は改善されるようで、

昨夜もぐっすりと寝れました。


当たらない〇〇庁の予報によると、今朝は、寒冷前線が通過して、

大荒れの天気となると言ってたので、

当然海も荒れる⇒ヒラが寄ってくる⇒出撃

と、今朝も定時前に起床。

確かに、秋の嵐です。


※「秋の嵐」…ネットで調べてみると、

    吹くからに 秋の草木(くさき)の しをるれば むべ山風を 嵐といふらむ

                        文屋康秀(22番) 『古今集』秋下・249

     ◎現代語訳
    
        山から秋風が吹くと、たちまち秋の草木がしおれはじめる。

        なるほど、だから山風のことを「嵐(荒らし)」と言うのだなあ。



ということで、正しくは、今朝のような天気は秋の嵐とは言わないようです。

まあ、そんなことはどうでもいい、海が荒れてくれさえいればと…

2071釣り師は早起き。

ただし荒れ気味の日はもちろんのこと、

釣り場に出かけるのは、少しでも危険回避のため、朝は、明るくなってから。

で、夜明けが遅いので、朝トレのメニューを消化して、

出撃。



……したものの、昨夜の雨は、量的に少ないし、河口はパス、

磯場は、波高が高いので、深場の磯がいいだろうと、瞬時に判断して、

近場のポイントへ。

DSC03246 (640x480) 

遠くから見ると、なかなか荒れて雨も降ってないし、

DSC03247 (640x480) 

お!お! いいサラシができている。

今朝はヒラ、貰った!……と急いで仕度して、岩場に降りてみると、

ガーーーーーーン…

潮位が低いのは承知してたものの、風が北西から吹いてない。

家を出た時は、確か北西の風だったはずなのに。

ということは、まだ寒冷前線が通過中ということか。

昨夜から荒れ気味の天気、当然海も荒れて、陸よりは濁りがきつくなっている。

北西の風がすでに吹いておれば、濁りはすぐに薄くなるはずなのに、…

沖の方は確かに濁りは薄くなってきているが、

磯はまだきつい濁りが取れてない。

2071釣り師には、この状況下でヒラを釣るのはほとんど不可能。

……しかしせっかく来たのだからと、20分くらいルアーを方々へ投げるも、

当然、魚からの反応はなし。

秋の嵐(正しい表現ではありませんが…)   期待外れ

の今朝でした。



いつものことだからと、慰めながら帰宅。



まだ、天気は、回復してないが、今夜は、どうかなあと、…懲りない釣り師です。

じっくりと夕方まで店番しながら天気の回復を待って決めようと…。

多分、稽古がお休みなので夜はすることがないから釣りに行くはず

…と思います。



今日のコピーひとり言、……ぼやきですので

「在庫一掃セールで組閣した内閣改造 早くも辞任騒動とは。

復興予算の流用も腹立たしいが ハト、空き缶よりはましかとの

期待を裏切られ 、

なおかつまだトップの座しがみついてるN総理は、

彼ら以上にしぶとい心の持ち主だなあ。」





ではまた明日。








明日も頑張ります。応援(ぽちっ)をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

こちらも(ぽち)よろしく。

日記・雑談 ブログランキングへ
スポンサーサイト

PAGETOP

まとめ