今朝は、昨夜の雨も止んで、まだ曇ってるものの、

下の海、波音が高い。

早々に朝トレ切り上げて、

いざ、出陣!



どこも波が高く小磯はダメだと一人合点して、ドン深の岩場へ直行。

これがいかんかった。


波高は確かにあるものの、大潮の前の日なので、いいサラシが広がってない。

早くもここで判断謝り?。



移動!



小磯へ回ってみると、これが何とかやれそう。

で、20分ロス。(時合時の20分は貴重です…泣)

急いで仕度して、開始。

DSC02525 (640x480)        DSC02524 (640x480)

ウネリがあるので、多少濁り気味。

波高はあるし、天気もまだ曇り。

これならいける、ヒラ、寄ってきているはず。


一投目、反応なし。

小磯には、今朝のサラシ、きつすぎるのか…

しばらく投げるも、やはり無反応。


ポイント移動。

ここは時折、大きな波が来て、一面真っ白。

流れも複雑。

ヒット!

あ、…外れた。

波の高低を見計らいながら、続けていると、コツン!、しかし、針掛かりせず。




その後しばらく無反応。

いつもの粘り?を出して、頑張っていると、

やっと出た!…掛からず。

また出た!…掛からず。

また出た!…掛からず。

また出た!…掛からず。

また出た!…掛からず。




なおも執拗に粘ってみたものの、その後は、まったく気配なし。

DSC02526 (640x480) 
ウネリ気味の波の中で、良く頑張ってくれたルアー君たち。

操作をするのは私。

ヒットに持ち込めなかったのも、私の腕のせいです。

君たちには、何の落ち度?もありません!。



結局、ダメでした。


よくあるパターン。

針がかりしない原因は、波が高く、潮の動き過ぎ。

魚もその中を泳ぎながら、ルアーを追いかけてくるので、なかなか咥えられない。

岩にあたってできるサラシと、沖からの波が砕けてできるサラシがぶつかり合って、

魚が定位置で、ルアーを捉えられないパターン。

なお、このパターンでもタイミングさえ合えば、ガッチリとルアーをくわえることも。

これだけは、運です。

今朝は、上手くいかないときは、じたばたしても始まらない?パターン。

あ~あ、疲れました。 


傷心のアングラーとなって、帰路へ。

台風の動きも気がかり。

明日は、今朝以上に波が高くなりそう。

今朝がチャンス到来だったのに…。

釣りは、狩り。

自然の中で、魚を獲るのは難しいもの。

数えきれないほど経験してきてます。(大泣)



さあ、今日は、日曜日…とはいえ、暇な自営業者に決まった休日なし。

例の勉強しながら、店開けてます。



今日のコピーひとり言は、

「ヒラ釣りは難しい…今日の教訓を胸に刻み込め。反省す

れど後悔せず! だ。」

いつものコピーが出ました。

こうやって自分を励まし、やる気を起こさせることが大事。

ヒラを釣るためには。

一応、今朝もこのように奮闘したので、2071釣り師の面目(めんぼく)はキープできたよう。

なので、


また明日。


明日も頑張ります。応援(ぽちっ)をお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村

こちらも(ぽち)よろしく。

日記・雑談 ブログランキングへ

今日のブログ、よかったら「拍手」にもぽちっをお願いしますね。
スポンサーサイト

PAGETOP

まとめ